音楽

THE RAMPAGE レギュラーラジオで新曲解禁!切ない歌詞の世界観を表現するヴォーカル 3 名の歌唱にも注目!

THE RAMPAGE カップリング曲「Can’t Say Goodbye」宇宙初オンエア。リスナーから約1000通のメール!

11月8日に4枚目のシングル「100degrees」を発売する16人組ダンス&ボーカルグループのTHE RAMPAGE from EXILE TRIBE。

11月3日21時からオンエアされたレギュラーラジオ、bayfm「WEEKEND THE RAMPAGE」でカップリング曲「Can’t Say Goodbye」が宇宙初オンエアされた。

「Can’t Say Goodbye」はトロピカルハウス調のトラックに乗せ、夏の終わりの儚い恋を歌うラブソング。
作曲はニューヨーク ・ ブルックリンでの活動を通じて研ぎ澄ました音楽的感性を武器に、 数々のヒットソングを量産する プロデューサー : Ava1anche が手がけた楽曲である。切ない歌詞の世界観を表現するヴォーカル3名入魂の歌唱にも注目とのこと。

ラジオを聞いたリスナーからはSNSで「まって!この歌めっちゃ好き!ハマる」「これ絶対生で聞いたら泣く」「めっちゃいい曲じゃん」「ランペの恋愛系の曲ほんとすき」などの反応があり、bayfmには約1000通のメールが届いたとのこと。

現在、新曲「Can’t Say Goodbye」はオフィシャルモバイルサイトでも試聴が開始されているので、ぜひ聞いてみよう!

ボーカルメンバーコメント

RIKU
トラックのメロディラインとリリックのギャップが激しい曲だったので、
ウィスパーボイスを多く使ってみたりなど、自分の歌い方で切なさを表現できるようにレコーディングしました。
今の自分たちだからこそ歌えたリリックになっていると思います。
未熟さや若さが詰まっていると思うので、この曲と一緒に成長できる歌詞の世界観になっていると思います。

川村壱馬
僕らにとっても新しいテイストの楽曲になったと思いました。
トロピカルハウス調のトラックのイメージが強いので、クリアさを意識しました。男らしさもベースとしてはありますが、聴いてくださる方がすっと曲の世界観に入っていける、そんなクリアさを求めました。
歌詞は様々な解釈ができるので、聴く人によって多様な捉え方ができる曲だと思います。

吉野北人
バラードなので、息の入れ方ひとつで切なく聞こえるようなテクニックに挑戦してみたり、グルーブを大事にしながら歌いました。〈抱きしめた腕の中に 今だって温もりが残っている〉という箇所だったり、温度感を感じる歌詞もポイントです。

関連記事

  1. AAA初の4大ドームツアー・セミファイナル公演となる福岡でメンバ…
  2. 井上苑子 音楽活動の原点である大阪で47都道府県インスタライブツ…
  3. スガフェス!WEST~スガ シカオVS kōkua 絶対に負けら…
  4. Da-iCE 5周年イヤー開幕!シングル「TOKYO MERRY…
  5. X4 2018年第1弾 フルアルバム「XXXX(エックスフォー)…
  6. 夜の本気ダンス NEWアルバムより渾身のリード曲「Sweet R…
  7. くるりが創業20周年のジェイアール京都伊勢丹に 新曲「特別な日」…
  8. 夢みるアドレセンス 小林れい 笑顔で「ただいま!」 復帰作シング…

音楽

PAGE TOP