音楽

10-FEET主催イベント・京都大作戦、第二弾アーティスト、日割り、出演ステージ発表!


今年はどんな伝説が生まれる!?「京都大作戦」

京都在住の3ピース・ロック・バンド10-FEETが主催するイベントとして今年11回目を迎える、「京都大作戦2018〜去年は雷雨でごめんな祭〜」の第二弾アーティストが発表となり、7月7日(土)、8日(日)二日間の日割りと出演ステージも明らかとなった。

今回新たに発表となったのは、7/8(日)に源氏ノ舞台に出演するACIDMAN、Ken Yokoyama、WANIMA、7/7(土)に牛若ノ舞台に出演するENTH、SHIMA、SHANK、G-FREAK FACTORY、Track’s、ハルカミライ、FIVE NEW OLD、7/8(日)に牛若ノ舞台に出演するTHE冠、Survive Said The Prophet、SIX LOUNGE、NAMBA69、HAWAIIAN6、Hump Back、FOMARE、そして鞍馬ノ間で二日間にわたって4ON4によるトーナメントに参加する8チーム、AKT LOCAL、大阪籠球会、ORK、ALLBLUE、ちきゅう、TEAM-S、HIGH WEST BALLERS、FRONTOOTHだ。

京都大作戦は、バンド結成10周年を記念して2007年に立ち上げた主催フェスで、初年度は台風の直撃により中止となったが、翌年から回を重ねていき、昨年2017年に開催10回目を迎え三日間で開催された。

三日目の最終日は雷雨により約2時間の中断を余儀なくされるも、わずか一時間のあいだにマキシマム ザ ホルモン、ROTTENGRAFFTY、10-FEETが奇跡的にバトンを繋ぎ、三日間を完遂した。

なお、「京都大作戦」が史上初めて単独映像作品化されることも発表されている。(6月27日(水)発売)「京都大作戦2007-2017 10th ANNIVERSARY! 〜心ゆくまでご覧な祭〜」と題された作品は、Blu-rayで2枚組、DVDで4枚組の特大ボリュームとなる見込みで、2007年から2016年までをドキュメント中心にまとめた「京都大作戦2007-2016 〜心ゆくまでご覧な祭〜」と、昨年の模様をライブ中心にまとめた「京都大作戦2017 LIVE 〜心ゆくまでご覧な祭〜」とで構成される。(※2018年の模様は収録されないのでご注意ください。)

Blu-ray、もしくはDVDのみの通常盤のほか、京都大作戦のアイコンとも言える舞妓さんの10年分を集約したスペシャル・デザインのTシャツ(キッズサイズからXXLまで幅広くサイズ展開!)が付属する完全生産限定盤も用意されるが、販売数に限りがあるので、希望サイズのTシャツを確実にゲットしたいなら早期に予約した方が良さそうだ。

また、DVDのみで「京都大作戦2007-2016 〜心ゆくまでご覧な祭〜」、「京都大作戦2017 LIVE 〜心ゆくまでご覧な祭〜」それぞれ単独の商品もラインナップされている。

関連記事

  1. 西川貴教、新曲「UNBROKEN」で布袋寅泰とタッグ!
  2. スカパラの最新ツアーの模様を含めたスカパラ特集WOWOWスペシャ…
  3. 「Augusta Camp 2020」初日フィナーレをTikTo…
  4. THE ORAL CIGARETTES、ニューアルバム「SUCK…
  5. 映画「オトトキ」FM802学生限定試写会!!黄色い歓声の中THE…
  6. 動画再生回数4億回を超えるスカイピース、 初のハロウィン楽曲「ハ…
  7. 倖田來未の “究極のツンデレアルバム” 「heart」が全曲配信…
  8. globeマーク・パンサー実娘も参加! 3ヶ国語で歌う新曲をリリ…

音楽

PAGE TOP