音楽

10-FEET主催イベント・京都大作戦、第二弾アーティスト、日割り、出演ステージ発表!


今年はどんな伝説が生まれる!?「京都大作戦」

京都在住の3ピース・ロック・バンド10-FEETが主催するイベントとして今年11回目を迎える、「京都大作戦2018〜去年は雷雨でごめんな祭〜」の第二弾アーティストが発表となり、7月7日(土)、8日(日)二日間の日割りと出演ステージも明らかとなった。

今回新たに発表となったのは、7/8(日)に源氏ノ舞台に出演するACIDMAN、Ken Yokoyama、WANIMA、7/7(土)に牛若ノ舞台に出演するENTH、SHIMA、SHANK、G-FREAK FACTORY、Track’s、ハルカミライ、FIVE NEW OLD、7/8(日)に牛若ノ舞台に出演するTHE冠、Survive Said The Prophet、SIX LOUNGE、NAMBA69、HAWAIIAN6、Hump Back、FOMARE、そして鞍馬ノ間で二日間にわたって4ON4によるトーナメントに参加する8チーム、AKT LOCAL、大阪籠球会、ORK、ALLBLUE、ちきゅう、TEAM-S、HIGH WEST BALLERS、FRONTOOTHだ。

京都大作戦は、バンド結成10周年を記念して2007年に立ち上げた主催フェスで、初年度は台風の直撃により中止となったが、翌年から回を重ねていき、昨年2017年に開催10回目を迎え三日間で開催された。

三日目の最終日は雷雨により約2時間の中断を余儀なくされるも、わずか一時間のあいだにマキシマム ザ ホルモン、ROTTENGRAFFTY、10-FEETが奇跡的にバトンを繋ぎ、三日間を完遂した。

なお、「京都大作戦」が史上初めて単独映像作品化されることも発表されている。(6月27日(水)発売)「京都大作戦2007-2017 10th ANNIVERSARY! 〜心ゆくまでご覧な祭〜」と題された作品は、Blu-rayで2枚組、DVDで4枚組の特大ボリュームとなる見込みで、2007年から2016年までをドキュメント中心にまとめた「京都大作戦2007-2016 〜心ゆくまでご覧な祭〜」と、昨年の模様をライブ中心にまとめた「京都大作戦2017 LIVE 〜心ゆくまでご覧な祭〜」とで構成される。(※2018年の模様は収録されないのでご注意ください。)

Blu-ray、もしくはDVDのみの通常盤のほか、京都大作戦のアイコンとも言える舞妓さんの10年分を集約したスペシャル・デザインのTシャツ(キッズサイズからXXLまで幅広くサイズ展開!)が付属する完全生産限定盤も用意されるが、販売数に限りがあるので、希望サイズのTシャツを確実にゲットしたいなら早期に予約した方が良さそうだ。

また、DVDのみで「京都大作戦2007-2016 〜心ゆくまでご覧な祭〜」、「京都大作戦2017 LIVE 〜心ゆくまでご覧な祭〜」それぞれ単独の商品もラインナップされている。

関連記事

  1. フレデリック、東名阪Zepp公演を含む秋の全国ツアーを発表!
  2. BURNOUT SYNDROMES、隠しコマンド要素あり!?ミュ…
  3. Wake Up, Girls! 7/23より4thLIVETOU…
  4. PANDORA feat. Beverly、仮面ライダービルド主…
  5. 倉木麻衣、「KYOTO COLLECTION Vol.1」出演!…
  6. THE ORAL CIGARETTES、2カ月にわたりWOWOW…
  7. 平原綾香 豪華アーティストが書き下ろした10thオリジナルアルバ…
  8. 10-FEET×ムラサキスポーツ目玉コラボ企画のデザイン公開!

音楽

PAGE TOP