音楽

映画『あさひなぐ』の主題歌「いつかできるから今日できる」、10月発売乃木坂46最新表題曲に決定!!

乃木坂46 10/11 19thニューシングル発売!

映画主題歌「いつかできるから今日できる」は、青春の葛藤や挫折、さらに少女たちの成長や挑戦という映画『あさひなぐ』のテーマにあった、前向きな“応援ソング”。今年7月初旬に完成した映画のポスターに主題歌タイトルだけが表記された際、ファンからは「どんな曲なの?」、「早く曲を聴きたい!」という声が多数あがっていた。それから1ヶ月後の8月11日(金)、「真夏の全国ツアー2017」宮城ライブ会場で主題歌が初歌唱され、はじめて耳にした宮城会場のファンはそのサプライズ演出に熱狂。続く大阪、名古屋でも主題歌が披露されていくと、「これは神曲!!」、「次のシングルの表題曲になって欲しい!」、「カップリングかな?でも何でもいいから早く発売して欲しい!」など、新曲へ期待する声が飛び交い、リリースの動向を予想をしたり、議論するファンが急増した。
そんな中、本日の名古屋の握手会場で「いつかできるから今日できる」が10月シングル表題曲に決定という一報が発表されると、来場していた12,000人のファンからは大きなどよめきと歓声が湧き起こり、会場は異様な熱気に包まれた。
乃木坂46は、現在3作連続でミリオンを記録している。9月公開を控える映画『あさひなぐ』にとって、最新シングルが映画主題歌に決定したことは、プロモーション面でも大いなる後押しになることは間違いない。今年の2月に映画化&舞台化が解禁して以降、様々なプロモーション展開で話題を積み上げてきた『あさひなぐ』プロジェクトの盛り上がりは、ピークを迎えることになる。

<STORY>春、元美術部で運動音痴の主人公・東島旭は、二ツ坂高校へ入学する。旭は1つ先輩の宮路真春と出会い、その強さに憧れ”なぎなた部”入部を決意! 同級生の八十村将子、紺野さくら、2年生の野上えり、大倉史乃と共に部活動をスタートしたが、”練習は楽で運動神経がなくても大丈夫”―そんな誘い文句とは真逆で稽古は過酷そのもの! やがて3年生にとって最後となるインターハイ予選を迎える。順調に勝ち進んだ二ツ坂だったが、決勝でダークホースの國陵高校に敗れてしまう。なかでも國陵の1年生エース・一堂寧々の強さは圧倒的だった。野上新部長のもと再スタートを切った二ツ坂は、山奥の尼寺で僧侶・寿慶(江口のりこ)の厳しいしごきによる、地獄の夏合宿を経て一回り大きく成長し、挑んだ秋の大会。再び二ツ坂の前に宿敵國陵高校と一堂寧々が立ちふさがる。そこで、二ツ坂にとってまさかの出来事が―。真春は部活動に姿を見せなくなり、精神的支柱を失った二ツ坂はバラバラになってしまう。そのとき、旭は・・・・・・。物語はクライマックスへ向けて大きく動き出す―。

西野七瀬 桜井玲香 松村沙友理 白石麻衣 伊藤万理華 富田望生 生田絵梨花
中村倫也 森永悠希  角替和枝 江口のりこ
●原作:こざき亜衣「あさひなぐ」(小学館「週刊ビッグコミックスピリッツ」連載中) ●脚本・監督:英勉 ●配給:東宝映像事業部
●コピーライト:©2017 映画「あさひなぐ」製作委員会 ©2011 こざき亜衣/小学館 ●公式HP::asahinagu-proj.com

9月22日(金) 全国ロードショー
(2017/8/27)

関連記事

  1. BURNOUT SYNDROMES 2/22(猫の日)に公開 猫…
  2. PANDORA feat. Beverly、仮面ライダービルド主…
  3. 夢みるアドレセンス 関西コレクションのバックアップによる新メンバ…
  4. KANA-BOONメジャーデビュー5周年イヤーのSeason 1…
  5. 大塚愛、ファンクラブイベントで解禁前のアルバム情報&ライブ情報&…
  6. ダイスケ、24時間テレビで「Acoustic Journey T…
  7. フレデリック、初のアリーナまでの長い旅路、全国ツアー初日レポート…
  8. あいみょん、あべのハルカス美術館で開催の展覧会「太陽の塔」に向け…

音楽

アーティスト最新情報

PAGE TOP