音楽

コブクロ 初のバックバンドなし!2人だけの全国ツアー初日終了で、やっと感触を実感!!


コブクロ ツアー開始 !

4月11日に発売した約1年振りのシングル「ONE TIMES ONE」を引っ提げ、コブクロ全国ツアー「KOBUKURO WELCOME TO THE STREET 2018 ONE TIMES ONE supported by 三井住友VISAカード」初日が5/26(土)静岡エコパアリーナより、スタートした。

来たる9月8日の結成20周年に向かうべく、20年の経歴の中で初となる、バンドメンバー 一切なしの2人の声と、小渕の演奏のみで、全国を回る。

冒頭メンバーが登場し、7千人を超えるファンから、大歓声で迎えられた。

ライブ開始早々、テンション高めな小渕が「ようこそいらっしゃいました!初日へようこそコブクロですー!」と、初日を待ちわびた様子で集まったファンと、初日の期待感に感極まる様子を見せた。

黒田は、「このツアーは大変やぞ。あれだけリハしたのに、段取りが出てこない。あーこわい。」と、小渕の演奏が止まれば無音になる、アコースティックギター1本での初ツアーに戸惑いを見せ、「頼むから無音だけはやめて~。今朝、いつものバンドメンバーから〝初日頑張ってね〟とメールが来たんやけど、初恋の人からメールきた気分だった(笑)」とバンドを恋しく想う発言をし、ファンを笑わせた。

また小渕が、「ツアーが始まる前にファンの方の書き込みを読んでいたら〝コブクロの2人はたった2人でやるので、いつものツアー以上に拍手や声援を送りましょう〟という書き込みを書いてくれている方がいて、泣きそうになっちゃって…」と話すと、すかさず黒田が、「それ俺です!」とボケをかまし、「お前かい!自作自演やないか!」と小渕がツッコミ、コブクロらしい掛け合いで会場を盛り上げた。

今回のツアーは、コブクロの2人にとって、「原点回帰ではなく、新しい挑戦」と話しており、インディーズ時代のように小渕の演奏のみだが、当時よりも進化したコブクロを見せる為、事前に行われたリハーサルでは、アコギ以外の音をどのように表現するか、ファンの方に喜んでもらう為、いつも以上に2人でアイデアを出し合い、『ONE TIMES ONE』のタイトルの元、1×1=小渕×黒田の可能性の限界に挑む。

ツアー前にファンから募った「次のツアーで聴きたい10曲リクエスト」の結果を参考にし、懐かしの楽曲から代表曲まで、
幅広い楽曲を披露し、会場は大盛り上がりとなった。

会場に集まった7千人の観客は、2人の歌声と爆笑トークに大きな拍手が起こり、コブクロらしいアットホームな雰囲気も感じられるライブとなった。

9月に結成20周年を迎えるコブクロだが、トーク中に「2人が出会ったのは、5月だから僕ら2人はもう20周年です!」と話し、9月16日に控えている小渕の地元・宮崎県での「結成20周年記念ライブ」や、今後の活動に更に期待が高まった。

このツアーでは7月21日、22日の京セラドーム大阪公演まで、全国7箇所14公演23万人の動員を予定している。

関連記事

  1. 倉木麻衣 日本ゴールドディスク大賞 ベスト5ソング・バイ・ダウン…
  2. SCANDAL Spotifyでバレンタインプレイリストを公開!…
  3. スカパラ×宮本浩次、夕陽をバックに揃いのスーツを身に纏った格好よ…
  4. キュウソネコカミ 12月6日にTOKYO FM / JFN38局…
  5. ラッパー ANARCHY(アナーキー) ニューアルバム『The …
  6. トーフビーツ、10月3日に4thアルバム「RUN」をリリース!恵…
  7. ねごと ブンブン中野プロデュース新曲「サタデーナイト」をサタデー…
  8. 大竹しのぶ ニューアルバム「ち・ち・ち」発売を記念して40年ぶり…

音楽

PAGE TOP