音楽

「四星球結成15年ワンマン『四星球十五年史』」 大爆笑と感動の渦が巻き起こったライブをレポート!


四星球約650人がキネマ倶楽部を埋め尽くし、彼らの15周年を祝った

四星球の結成15周年記念ワンマン『四星球十五年史』が2017年12月7日、東京キネマ倶楽部で行われた。平日にもかかわらずチケットはソールドアウト。約650人がキネマ倶楽部を埋め尽くし、彼らの15周年を祝った。

1曲目「お告げ」の最後にまさやん(ギター)の頭上に金ダライが落ちてきて、その衝撃で記憶喪失になってしまい、15年前からやっている四星球を代表するキラー・チューン「クラーク博士と僕」のイントロのギター・フレーズ「♪ジャカジャーン」を弾こうとすると頭が痛くなってどうしても弾けない──というのが、この日のストーリーの軸。

何度もそれにトライしては弾けなくて別の曲に突入する、ということを繰り返す、その間に大量のネタがはさまっていく。
まさやんの記憶喪失につけこんでモリス(ドラム)が「貸した2万円返して」とカネをせしめたり。思い出の味で記憶を呼び起こそうとまさやんにアツアツおでんとワサビ寿司を食わせたり。まさやんの実家の母に電話をかけたり。まさやんが「クラーク博士と僕」とは違う「♪ジャカジャーン」を弾いたことから「『ラブストーリーは突然に』に『クラーク博士と僕』の歌詞を乗っけて歌う」という実験が行われたり。

今度はモリスが記憶を失って、それに乗じてまさやんが2万円を取り返したり。まさやんの昔の記憶から思い出していこう、ということで、幼少の頃から現在までに出会ってきた人たちを経て(母、父、弟、失恋した女、付き合った男、の声が流れるという演出)、大学でU太に出会って四星球に加入するところまでたどり着いたり。いつもいろいろ段ボールで小道具を作っているのが、まさやんではなくて最前列左方にいたお客さんだということにして、2018年1月31日リ

リリースの新EPの表題曲「鋼鉄の段ボーラーまさゆき」を「鋼鉄の段ボーラーしの(そのお客さんの名前)」に変えてプレイしたり──。康雄(ボーカル)が「チョンマゲマン」(というキャラクター)になって、再度の金タライ落下からまさやんを助け、U太とモリスがジョン&ヨーコになって微笑みながら見守る中(このへん観てない方にはまったく意味不明だと思いますが勘弁してください)、まさやんの頭が割れる音がしてついに記憶が戻り、18曲目で正調の「♪ジャカジャーン」が鳴り響いて「クラーク博士と僕」が始まり、ライブはピークに達する。場内大熱狂。

まさやん、キネマ倶楽部2階の柵の外側を歩いて一周しながらギターを弾くという、もし足を踏み外したらシャレにならない、俺がイベンターだったら終演後に胸ぐらつかんで激怒レベルの技をくり出す。続いて「鋼鉄の段ボーラーまさゆき」の正しいバージョンも披露。
さらに「出世作」「オモローネバーノウズ」の代表曲二連発を、康雄、「2018年、儲けますよ!」「音楽作ってるつもりありません! 時代作ってるつもりでやってます!」と絶叫しながら歌いきり、本編終了。最後にモリス振付の安室奈美恵 with SUPER MONKEY’Sの「Try Me」で、ここまでのネタの数々をきれいに回収してから、ステージを下りた。

アンコールは「名盤!!ゆとり教育の星」から始まり「明日までkm」で終わる全4曲。2曲目の「四星球十五年史 ~上巻~」では、歌詞でバンドの歴史を表す中で、メンバーがやめていったタイミングにも触れるのだが、その流れで「まさやん卒業してくれる」と卒業させられそうになり、本人大慌て──という、ここのところの定番の流れから、段ボールのトナカイに髙田さん(というおじいちゃん。byU太)が乗ってクラウドサーフ、という展開に。途中、「時間押したら延長料金えぐいらしいです」「22時超えたらヤバいです」と何度も怯えながらの大熱演だった全25曲のステージは、21時40分過ぎにはなんとか終了。さんざん笑わされ、そしてさんざん感涙させられたオーディエンスは、大きな拍手を4人に贈った。
「3人は自分以外のメンバーの段ボール書割を連れて登場、ただし康雄は赤いパンツと赤いブラ姿」「股間から手紙を出してデタラメ語で読む」「記憶喪失のまさやんにiPadでなんか聴かせる」「まさやん最後に2万円を口に入れてさんざん咀嚼してからペッと吐き出す」などなど、他にもいっぱいネタあったのですが、物量的に膨大すぎるので、割愛させていただきます。「お客さんがひとりになっても続けていたい! みなさん、その最後のひとりになるまでライブハ
ウスに来てください!」と、矛盾したことを最後に康雄は叫んでいた。「どんなにあきれられてもやり続ける」という覚悟と、「でもこの熱は絶対に届くはずだ」という希望が、そのような矛盾したことを言わせるのだろう。その熱は、確実に、満員のオーディエンスを巻き込んでいた。

(文:兵庫慎司)
Narutoshi Kitagawa

関連記事

  1. aiko 6/6発売のアルバム「湿った夏の始まり」から新曲「ハナ…
  2. 「aikoの詩。」最新オリコンCDアルバムランキングで1位を獲得…
  3. 5人組ガールズ・ロックダンス・ユニットQ’ulle。20都市23…
  4. ベリーグッドマン 7月に新作AL、9月に野外ワンマンライブ2DA…
  5. HEY-SMITH主催「ハジマザ」第四弾でGOOD4NOTHIN…
  6. aiko、劇場で歌う姿が印象的な「予告」MVショートバージョンを…
  7. THE ORAL CIGARETTES 熱狂再び!日本武道館L…
  8. Da-iCE(ダイス)、5月30日発売デビュー5周年イヤー第2弾…

音楽

PAGE TOP